トレイルランニングをするための準備

トレイルランニングをするための準備

トレイルランニングをするために事前に準備したいことは、まずは起伏のある道を走る体力をつけておくということ。そして服装など装備関係を揃えることです。

photo

最も重要なのは体力です。100mだけトレイルランをするのでしたら、さほど普段からトレーニングをしなくても構いませんが、最低2時間以上は山を走ることが一般的なトレイルランニングですので、まずは「最低限の体力」をつけておきましょう。平地のジョギングを歩かずに1時間程度走りきることができるかが「最低限の体力」の目安になるかなと思います。早歩き程度のゆっくりしたスピードで大丈夫です。

なぜ、ある程度の体力が必要かというと、トレイルはロードと違い不整地の連続で転倒しやすい場所が多く、転んだ先に岩があったら、崖だったら、と考えると体力のないフラフラな状態で走れば、それだけ危険が増すことになるからです。事故を防ぐ意味でまずは体力をつけましょう。日頃から駅の階段を利用するなど、足の筋力も鍛えときましょう。

photo

続いて装備関係。
まずはウェア。これは走りやすい服装でしたら何でもOKです。初心者や下りが苦手な方は、肌を露出しない服装の方が転んだ時に怪我をしにくいので、盛夏以外は長袖やタイツ(または長いズボン)を着用するようにしましょう。また、怪我でたまにあるのが頭上の位置にある倒木に頭をぶつけるケース。帽子を被っていれば頭部をザックリ切ったりしにくくなります。転びやすい方はグローブの着用もオススメ。

つぎにシューズ。これも運動靴でしたら何でもOKです。本格的にトレイルランニングをしようと思ってから、専用のシューズを購入すればよいです。たくさんの種類のトレイルランニングシューズが各メーカーから出てるので、実際にお店でいくつか試着してから買われて下さい。日本のトレイルは柔らかい土の道が多いので、ソールが薄い軽量モデルのシューズが個人的にはオススメです。下りが上手な方は、普通のランニングシューズでも大丈夫ですよ(耐久性に難がありますけど)。

そしてザック。食料や飲み物が入り、寒い時期はウィンドブレーカーなど防寒具も入る容量のものが必要です。両肩で担ぐタイプ(たすきがけではない)のザックで、ウエストとチェスト(胸)にストラップがあるものが適しています。ザックも本気なったら専用のものを揃えていきましょう。走行時の横揺れが軽減されたり、小物が出しやすい工夫がされていて便利です。夏用、冬用と容量の違うものが2種類あると理想です。

以上でとりあえずスタンバイOKです。春夏秋冬のウェアリングの仕方や個人で山に入る場合に必要になる装備などは別のコラムで書いていきます。

さぁトレイルに出かけましょう!


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: トレイルランニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>