水量3倍!?エクストリームなキッズ沢登り。

親子で沢登り!/丹沢編

P8160006

昨日の雨で水量が多いぞ〜!3倍ぐらいは増えたでしょうかね。
やれる範囲で水流にアターーック!

P8160011

頑張っちゃうんだから♪

P8160007-2

頑張ってるんだから♪

P8160070

普段はそれほどキツくない所も激しくなっていました。

P8160123

普段以上にチャレンジング!!!

P8160145

ひえ〜〜〜っ、水流重ーーーーーーーっ!!!

P8160029-2

運動神経抜群のトウマ。余裕のピース!

P8160038-2

マジ水流重ーーーーーーーっ!!!

P8160088-2

そんなこんなで水流と格闘した後は懸垂下降です。

P8160206

水量が多いので迫力も3倍!

P8160232

本日のメンバー。みんな頑張りました〜!

P8160245

午前中にアタックする予定だった滝。午後になれば水量も少しは落ち着くかな・・・と期待したのですがやっぱり多かったー。セッティング終了でこれから登り始めます。とぉ〜っ!

P8160258

大人は丁度良い感じで激しい程度ですが、子供にとってはありえない水圧。

P8160282

特に滝の取り付きは厳しいものがあったので序盤はサポート付き。

P8160155-2

登りきったぜ〜!

P8160365

懸垂下降もお陰様で水流に揉まれながらというド迫力系。

P8160388

最後はダイブ。子供も大人もみ〜んな飛びました。

P8160397

小4だったユイカちゃんが中3に。スクスクと大きくなって嬉しい限りです。バトミントン頑張ってね〜♪いや〜、みんな可愛くって最高です。
ご参加のファミリーの皆様、本日は激しい沢登りお疲れ様でした&ありがとうございました。また皆様とご一緒できますのを楽しみにしています♪

本日の動画まとめ!
注:動画は1080pでアップロードしています。再生時に画面右下の設定ボタンをクリックして1080pに変更すると高画質で視聴することができます。
ブルーレイは後日発送いたします。おっ楽しみに〜♪


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: キッズアドベンチャー   パーマリンク

水量3倍!?エクストリームなキッズ沢登り。 への2件のコメント

  1. 来年は親子じゃなくて子だけ より:

    誠先生 さえら先生 へ
    今年の親子沢登りツアーもすべて無事終了され、大変お疲れ様でした。
    毎年親子で参加し思うのですが、大人のツアーよりもサポート、サービスが多く、大変ご苦労お掛けしています。その分、子供たちは沢登りで精神的に成長します。
    子供たちに対するセブンヒルズのポリシーを感じ、素晴らしいと思います。
    今年で4年連続参加となる息子たちは、晴れ、水量ふつうの沢登り日和では物足りず、悪天候の水量アップを求めるまでになりました。
    息子たちは誠先生、さえら先生と沢登りが大好きです。
    もう、息子たちは大丈夫です。
    来年は息子たちだけで参加させていただきます。
    大変お世話になりました。
    ありがとうございました。
    さようなら!
    弾けないクラシックギター生徒より

    • 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

      来年は親子じゃなくて子だけさん、返信遅くなりました!

      さてさて、今夏もありがとうございました!
      子供達は成長著しかったですね〜。
      相変わらず明るいですし、さらに逞しさとハンサム度が増して最高でした。
      そしてお父様のビレイ技術も年々安定感が増しており、
      来年以降のロープワーク技術向上も楽しみにしております(笑)。

      そして驚きましたのは陶芸ですよ。
      上野焼ですとか小鹿田焼ですとか、普通の日本人には漢字すら読めないであろう地名。まさかの共通点ですね!どーりで波長が合うわけだーーっ!
      我が家にも上野焼&小鹿田焼はどっさりございます。

      弾けないクラシックギター生徒さんの審美眼は只者ではありませんね。
      また次回、文化的な話に花を咲かせましょう。
      いや〜、とーーーっても、楽しみだなぁ〜〜〜(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>