湯河原で梅林ツアー

ネイチャートレラン「幕山梅林と周辺の山」

「トレイルランニングをしながら自然に満喫しよう!」
という1粒で2度おいしい江崎グリコ的なネイチャートレランです。
今回は湯河原は梅林鑑賞ツアー。
湯河原駅前は土肥実平夫妻の像があり。

IMG_9040

土肥実平のお手植えと云われるビャクシンの巨木。
樹齢約900年。駅からちょっと上がったところにあります。

IMG_9049

まずは城山を目指すのですが舗装路の急登です。
ここは滅多にないんじゃ・・・と感じる相当な傾斜。
体力ある人でしたら走行可能ですが、普通は歩行でいいと思います。

IMG_9052

このツアーは源頼朝の足跡を辿る的な要素があるのですが、
ここは確か「かぶと岩」です。茂みの向こうに大岩見えますでしょうか。
深くは説明しませんが、とある理由で頼朝さんが一休みした岩です。

IMG_9056

こちらも野暮なので深くは説明しませんが、
頼朝さんが投げっ放した大岩の「立石」です。

IMG_9062

こちらも深くは説明いたしませんが、
頼朝さんがアンディ・フグばりの踵落としをした「硯石」。

IMG_9069

雪解けのトレイルなのでマッドコンディション気味でスリッピーめ。

IMG_9091

城山からは幻想的なトンネルを抜けて「しとどの窟」へ。

IMG_9093

トンネルを抜けたらそこは・・・

IMG_9097

源頼朝ファン必見のしとどの窟です。神秘的な雰囲気が漂います。こちらも深くは説明しませんが、頼朝さんが敵に見つかって大ピンチだったのですが見逃してもらった場所。

IMG_9103

梅林公園へワイルドなトレイルを一気に下ります。

IMG_9107

やったぁ〜!梅だ〜!

IMG_9109

今年は7分咲き。十分綺麗です。

IMG_9114

天気が微妙でしたので花見客も多過ぎずでイイ感じでした。

IMG_9115

たくさんの梅の中をジグザグと登りました。

IMG_9121

少し登った絶景ポイントにて。

IMG_9123

幕山へは傾斜は適度ながらジグザグジグザグと登り続けました。

IMG_9151

雪まじりのトレイルを下ります。ジャストドゥーイット!

IMG_9160

気温が低過ぎないので凍結していなく走行は特に問題なしでした。

IMG_9161

そしてやっぱり薮っぽいところも。

IMG_9171

雪解けでぬかるみ多かったですが、経験豊富な方が多くスムーズに駆け下り!

IMG_9181

いつか遊びがモノをいう。ジャストドゥーイット!

IMG_9192

最後はジャンプ2連発で!

IMG_9193

ぴょーん!と愉快にキメていただきました!

IMG_9183

足下にはスノー君が。(まゆげ付きです)

IMG_9201

ハイデハイデフルハイデホー ♪ ハイデハイデフレッホッホー♪
「大きくなれよ〜」

・・・「お前もな」(樹齢約850年のクスノキより)

山をしっかり走り、頼朝の開運を目の当たりにし、咲き乱れる梅。
そしてスノートレランも楽しめた一日でした。
ご参加いただいた皆様、遠方までお越しいただきありがとうございました。


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: ネイチャートレラン   パーマリンク

湯河原で梅林ツアー への2件のコメント

  1. mino より:

    こんばんは。昨日はありがとうございました。爽やかなご夫婦のコンビネーションもよろしく、とっても楽しい一日でした。さえらさんの写真も最高に美しい!また、参加させて頂きたいと思います。

    • 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

      minoさん、おはようございます。
      一昨日は遠方からご参加いただきありがとうございました!

      やはりスーパー体力のminoさん。
      登りもスイスイ、下りも「目が見にくい」といいつつ速かった!
      200km超えを一気に走破してしまう体力は流石です。

      写真の方もありがとうございます。
      大きいデジイチを手持ちしながら走っている甲斐があります。
      今後ともよろしくお願いいたします〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>