走る以外のトレーニング法。

DSC01144

月間走行距離とか言うじゃないですか。確かに月間走行距離が多ければ走力がアップすると思います。が、故障や慢性的な疲労も伴いやすくなります。ひたすら走ることも効果的ですけど、それ以上に大事なのは食事です。

個人的にしっくりきているやり方なので、参考にする程度にとどめていただきたいのですが、基本的には少食にするというのが肝要だと思います。

1日3食ガッツリ食べるというのはやり過ぎというか、ただの我慢ができない人ですよね。ガッツリ食べても太ることなく体調不良でなければOKです。が、体脂肪が多めでしたり、「なんか疲れが抜けないんだよな〜」という方は、食事量を一度減らしてみてください。私は1日2食が基本。3食ガッツリ食べることはない最近です。運動量が少ない方は1日1食でも問題ないと思います。

食べるもので注意するものは、まずは食品添加物。これは徹底的に避けましょう。体に悪いですし味オンチになります。次点は血糖値を急上昇させる食べ物で、上白糖や精製度が高い炭水化物ですね。更に徹底するとしたら乳製品と動物性たんぱく質。乳製品は調べれば調べるほどデメリットが多い。牛乳は嗜好品だと思いましょう。そして肉。ガツンと来ますから、脳に幸せホルモンを与えるから、厄介なんですよね。でも、よくよく味わうと、現在の市場に出回っている肉なんてたいして美味しくないんですよ。ただの脳内ホルモンのアドレナリンとかドーパミンが急上昇して気持ち良いだけの錯覚なのだと思います。肉も嗜好品だと思って割合を減らしましょう。

あとは水分補給ですね。お酒はもちろん、コーヒーやお茶はカウントせずに2リットルを毎日飲んでみてください。一気に飲まずにチビチビ飲むことが大事です。これを習慣化できると走力が飛躍的にアップしますよ。これはホントです。

職場環境などによってストレス強度も様々でしょうから、「でも、やっぱり、シャッキリしないよね〜・・・」という方もいらっしゃるかと。そんな方に試してもらいたいのが、ビタミンBとビタミンDのサプリメントです。サプリメントは摂らずに食事で栄養が賄えればベストなのですけど、現在の野菜とフルーツは驚くほど栄養価が少ない。品種改良して無駄に糖度が高く、肥料の味しかしないのが問題なのですよね。外食の割合が多い方はサプリをちょいと試してください。残念ながら日本のサプリではなく、アメリカのサプリが効果&コスパともに良好です。

以上のことをある程度の割合で導入できれば、走力アップは間違いなし!だと思いま〜す。騙されたと思って試してくださいませ。細かい方法を知りたい方はツアー中に私に質問攻勢してください。徹底的にお答えいたします。


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: トレイルランニング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>