新潟県は越後駒ヶ岳!

DSC06744

チームセブンヒルズ企画で新潟県の越後駒ヶ岳に行ってきました。
標高の高い枝折峠(1065m)まで車で上がって山頂をピストンする人が多い越後駒ヶ岳(2003m)ですが、我々はトレランですから手応えがもうちょいある駒の湯(370m)から登ります。枝折峠から単純ピストンは何回かしたことがあるのですが、あんまり面白くないんですよ。尾根道をダラダラと長距離歩いて山頂を踏む変化に乏しい山行と言いますか。今回、登山口にした駒の湯は歴史ある場所。駒の湯〜明神峠〜銀山平を通る銀の道は、江戸時代に銀の採掘で栄えた銀山平から銀を運ぶためにたくさんの人が通ったんです。もっと古い話では、平安時代末期に尾瀬三郎房利が京を追われ、銀の道を通って会津に逃げたなんて逸話も。実は交通の要所だった駒の湯付近でした。今はひっそりしていますけれど。吊り橋を渡って登山道に取り付きます。

DSC06745

男は黙ってタンパーニ。ひたすら急坂登り。

DSC06769

自然豊かでございます。

DSC06780

イワカガミ。

DSC06791

中間点である小倉山の手前あたりで景色が抜群になってきます。

DSC06797

イワウチワ。

DSC06806

カタクリ。

DSC06819

ショウジョウバカマ。

DSC06823

ツバメオモト。

DSC06825

シラネアオイ。

DSC06827

ミヤマカタバミ。

DSC06830

ナエバキスミレ。

DSC06838

小倉山から越後駒ヶ岳までの稜線は展望のスカイライン。
にしても、雪すくね〜!半年前にこのツアーの企画をした時は、もっとドッサリ雪が積もっていて、このあたりは残雪サクサクのハズだったんだけどなぁ。例年より1カ月ぐらい融雪が進んでるんじゃないでしょうか。

DSC06845

アズマシャクナゲ。

DSC06854

ハクサンコザクラ。

DSC06855

駒ノ小屋から上部は積雪。雪の方が涼しくて良いですわね。
暑〜〜い日でしたので助かります。

DSC06865

じゃーーーーん!山頂〜。

DSC06881

標高差1,600mの登りも終了。あとは下りでございます。

DSC06888

眼下に登ってきた尾根道が丸わかり。

DSC06893

駒ノ小屋。水がドバドバで助かりました〜。

DSC06898

オンオフMIX。

DSC06905

ちょっとゴツゴツしてる稜線。

DSC06912

下るにつれて斜度が増して急下降に。

DSC06926

小倉山から駒の湯までは、たまに急なところがありますが、走りやすい登山道。大きな山の中では快適な部類に入るかと。

DSC06927

ルンルンル〜〜ン!

DSC06934

ほいさっさ〜。

DSC06936

標高差1,600mを一気に下る私たちでした。想定より少し早く下山。優秀でございます。

DSC06970

温泉入浴は開湯1300年の歴史を誇る大湯温泉のユピオにて。

DSC06976

打ち上げは小出でラーメンをサクッと。

DSC06977

ラーメンあづまや本店さん、ごちそうさまでした!
雑学の神様であられまするDさんが「あづま・・・古事記・・・我が妻よ!」と流石な話に持って行きましたが、この時代の考察には「古事記」「日本書紀」以外にも、「竹之内文書」「旧事本紀」「ホツマツタヘ」「上記(うえつふみ)」「富士宮下文書」「九鬼文書」「古語拾遺」も興味深いんですよね。捏造、偽物と烙印を押されがちですが、神代文字とともに、私には偽物と言ってる奴が偽物という気がなんとなくしま〜す。なんとなく、ね。というこって、今回も長距離すぎる山行お疲れ様でした〜〜!!!

本日の動画まとめ!
注:動画は1080pでアップロードしています。再生時に画面右下の設定ボタンをクリックして1080pに変更すると高画質で視聴することができます。


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: チームセブンヒルズ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>