GW最終日。大菩薩B前半戦!

シャワークライミングin大菩薩B/中級

難易度の高い滝登りをひたすらし続けるマニアック系ツアーな大菩薩B。
シャワークライミング(沢登り)経験者向けのツアー。
GW最終日も滝と格闘してきました〜。

DSC03745

沢って谷底を流れてる訳で、車道から入渓するのがかなりスパルタ。
おそらく沢慣れしていない人ですと「うわ〜滑り落ちるぅ〜」
と半パニック状態になる可能性大ですが、そこは経験豊富なベテラン勢。
普通に谷底まで急斜面を淡々と降りてくれるのでした。

DSC03747

今日は沢登りというより滝登りに比重を置いたツアー。
このようにちょっとした崖登り、崖下りも適当に来てもらいます。
みなさん流石の身のこなし。安定感があります。

DSC03749

ここもズンズン進んでいた箇所なのですが、先へ進む方法はいくつかあって、
右側の岩場をこのままへつる。
水流に入って進む。
右側の岩場から左側の岩場にジャンプする。
と色々な選択肢があり、そんな自由度が沢の楽しさのひとつでもあります。

DSC03751

さぁ最初のチャレンジポイントに到着です。
F2。Falls(滝)の頭文字でFで、入渓して2番目という意味ですね。

DSC03761

ということでF2アタックいってみよ〜〜!
結構高いです。そして滑りやすいです。手応えありそうで楽しそうですね〜♪

DSC03768

真ん中付近は全身びしょ濡れです。まさにシャワークライミング!

DSC03769

陽当たりの良い滝下でイメトレしながら応援。暖かそうでした。

DSC03782

足が滑らないか確かめつつ登っていきます。

DSC03800

このまま真上に登っていくのですが、斜め系の滑りやすいスタンスが多いんですよ。

DSC03808

フードを被ってシャワーゾーンを突破!下で研究してた成果か凄くスムーズ!
写真右上で懸垂下降をし始めるコラボレーションも何か素敵♪

DSC03825

下降は滝の右側なのだけど結構いやらしい斜面なんですよね。
滝登りを終えて疲れた体ではちょっと危ないので、
ロープをフィックスして懸垂下降などで皆様には降りていただくようにしています。

DSC03827

最初のチャレンジポイントのF2をみなさん見事に完登!
難易度の上がるF1に向かうのでした〜。
つづく・・・


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: シャワークライミング   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>