昼高尾。

トレイルランニングin多摩C/初級

IMG_1762

ツアー前に雨も止み、打ち水効果で涼しい。
湿度が多くて汗は大量でしたけれど。潤い度MAXの高尾山からの南高尾山稜へ。

IMG_1763

・・・ん?・・・んんん〜!?
うおぉ〜〜〜、あっぷるうぉっちじゃなかとですか〜!?
実際につけて走っている方を初めて拝見!!!最先端突っ走っています。
使い勝手は一長一短のようです。これからのツールなんでしょうね。

IMG_1768

撮ネコ。ネコちゃんを取り囲む大勢のカメラマン。鉄板ネタなのでしょうか。

IMG_1771

南高尾山稜へ突入すると登山者が少なくなるのでトレラン本格スタート。

IMG_1796

軽やか〜!

IMG_1832

根っこセクションも足技で。

IMG_1853

見事に浮いとります。

IMG_1895

最後の方のアップダウンを順調にこなして、

IMG_1922

高尾山口駅に下山するのでした。南高尾山稜は静かでいいですね。
ご参加の皆様、お疲れさまでした〜〜!


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: トレイルランニング   パーマリンク

昼高尾。 への2件のコメント

  1. 大橋 より:

    池ヶ谷さん
    今回参加させていただきました。大橋です。
    自分にとっては、初めての、大冒険に挑戦でした。
    今も、筋肉痛で痛む足を思うと、よくぞ走れたものだなと実感しています。
    これも、池ヶ谷さんの適切な指導のおかげかなと思います。
    若い時に、北アルプスを縦走していたときに、帰りのバスに間に合わずに
    10K程度の荷物を背負って、走ったことがありました。それから、山を走る
    男のレッテルを貼られて今日に至りました。それが今回実現したということ
    です。
    山を走ることの厳しさは十分に知っていたのですが、改めてその事実を認識
    できました。でも、今回、ご一緒に参加された方々はそれぞれが、個性的で
    自分の考え方をしっかりもった素晴らしい仲間だなと思いました。わずかに
    5時間半の付き合いでしたが、みんなどこかで会っていたような気がしました。
    一人でトレイルをやるほど、自信はないので、これからも、7HILLSさんにお世話に
    なるかなと思いますが、よろしくお願いいたします。
    今回の経験を得て、頂いた指導の内容を振り返って練習して、体力がついたら
    再度挑戦しようと思います。
    登りのつらさ、下りのつらさ、これをいかにしたら克服できるか、先頭を走る
    みなさんの姿をみてうらやましいと感じた次第です。
    ありがとうございました。

  2. 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

    大橋さん、こんばんは〜!
    嬉しいコメントをありがとうございます。

    おおっ、「山を走る男」というレッテルはカッコイイですね。
    確かに北アルプスなどに登ると、最後にダッシュしなきゃ間に合わない状況ってよくありますよね。私もテント泊の装備を背負って駆け下るようにしたことが度々。大橋さんのあの足捌きは本気の登山で鍛え上げた賜物だったのですね!華麗でございました。

    またご都合がつきましたら是非〜!キツ楽しく山を走りましょう。
    お会いできる日を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>