なぜかガジェット野郎な展開に。

IMG_7186

動画も撮っている最近。
デジカメ2台、ビデオカメラ2台、ウェアラブル1台という鬼体勢を敷きました。
最大出動5台、常時出動4台という2人でどんな撮影だよ〜と思うのですが、左手にビデオ、右手にカメラというのがここぞの時にいいようです。まだ全然慣れないけれど。左手でカメラの撮影はさすがに厳しい。慣れるとできるのかな?よく考えてみると多くのカメラの構造って右利きの人用にできてるよね。

ガジェットが増えるとSDカード類も増えていきます。昔はリーズナブルなものを使用していたのですが、最近は速いものを使うようにしています。だいぶトラブルが減りましたし素早い撮影が可。カードはケチっちゃいけませんね。国内正規品は高いですが間違いはないですね。microSDXCカードは国内正規品は1万〜1万5千円ぐらいするのだけど、Amazonとかで並行輸入品が半額以下で入手可。性能の違いはよく分かりましぇ〜ん。

IMG_7188

19〜20時頃に帰宅することが多いのですが、まずは装備類を洗ったり干したりと後片付け。それからカードリーダーで写真や動画を読み込んで、写真レタッチやダメダメな写真は潔く削除。Flickr!に全ての写真をアップロードしてブログを書く。それから動画編集をするという流れです。日々のことなので1分でも速いPC環境は必要なのですよね。PCは新しい、カード類もクラス10、インターネット回線も鬼速。と来ていたのですが、このカードリーダーは盲点でした。BUFFALOの2008年の製品みたい。最近のは読み込みの速さがだいぶ違うようなので新しくしよっと。何がいいんでしょね?調べなきゃ。

ビデオカメラって昔はテープだったんだもんね。マイクロSDのようなちっちゃいものに、よくもまぁ、大量のデータが高速で読み書きされるものですこと。


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: ブログ   パーマリンク

なぜかガジェット野郎な展開に。 への4件のコメント

  1. ritsu より:

    ウェアラブル?と、言うことは、ストラップピラピラ~ (じゃなくて(´□`。))
    それはさておき、そのむかし、京セラのSAMURAIと言うカメラに左利き用がありましたね。
    と言うか、国産では唯一。

    カードリーダはUSB3.0のが速くていいですよ!
    メモリカードは、安いのは消失とかトラブルがあるので、避けたほうが賢明です。
    まことさん、ナイスチョイス。
    SAMSUNGのが読み書き速いみたい。あとはやっぱりSunDiskのExtremeですかね~。

    ではでは

    • 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

      ritsuさん、おはよーございます。
      ただいま東松山のロイホで朝食でっす。

      カードリーダは早速購入しました。
      バッファローの新製品でUSB3.0のものです。
      ネットでの評判はすこぶる悪いようですが個人的には最高。
      前製品を使用してる人のレビューが多いのかも。
      やっぱり速いっていいですね。
      ritsuさんほどではないですが、毎日200~400枚、さらに動画。
      日々の作業効率がだいぶ上がります。
      「何で早く導入せんかったのだろ?バカバカバカァ〜」
      悶々と自省する日々です。もちろん嘘です。

      えっ、左利き用ってあったんですね〜!
      なんちゅー至れり尽くせりなカメラなんでしょう。
      あ、よくよく考えたらですね、シャッターって人差し指じゃないですか。
      小指でシャッター押す人用のカメラとかあったらレアですね。
      そんな人はまずいないはずですが・・・
      なんらかの理由で脇を目一杯開けて撮る人用。
      カメラを持つと口が半開きになっちゃう人用。
      まだまだ新規マーケットはある気がする〜!?

      ・・・ないね。

  2. ritsu より:

    あー、口が半開きなことはよくありますねー。
    脳波シャッターとかイイと思うのですが・・
    「おお!」とか思っただけで写真が撮れて、邪念がバレバレに(´□`。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>