西丹沢は綺麗だよ。

シャワークライミングin西丹沢C/初級

DSC02025

西丹沢Cツアーは、林道歩きと癒しの沢歩きの時間が終わると大滝ど〜ん!
西丹沢は綺麗だよ!

DSC02028

ダイブの時間。

DSC02038

シャワークライミングの時間。

DSC01966

ナメナメの時間。

DSC01977

大滝の上部は美渓。水と戯れながら滝登りを楽しめます。

DSC01982

ナメに足を滑らせたり、水圧とぶつかるように登ったり・・・
今日みたいな暑い日にはもってこい!なのです。

DSC01986

本日のカエルちゃん。

DSC02084

折り返して下山。泳いで、懸垂下降して、滑って・・・など。

DSC02090

下りも下りで楽しい西丹沢Cなのでした。

DSC02003

今日は人数少なく時間に余裕があったので懸垂下降をプラスして。
堰堤をダダーッと下ってみました。
朝早くから集合していただきありがとうございました。
お陰さまで終始スムーズに行動することができました。
また来月もよろしくお願いいたしま〜す!

本日の動画まとめ!
注:動画は1080pでアップロードしています。再生時に画面右下の設定ボタンをクリックして1080pに変更すると高画質で視聴することができます。


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: シャワークライミング   パーマリンク

西丹沢は綺麗だよ。 への4件のコメント

  1. adachi より:

     きょうはどうもお疲れ様です。沢登りはまったくの、ど素人の自分を嫌な顔ひとつせず、フォローしていただいてほんとに、ありがとうございました。いままでこんなにも水と戯れることができたのは初めてです。とても楽しかったです!!!
    (^-^)写真、早速拝見しました。(下りで足がつって、お二人に介助してもらったのもありました。お恥ずかしいかぎりで・・・^_^;)また来月もお世話になりますので、そのときはよろしくお願いいたします。

    • 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

      adachiさん、こちらこそ本日はありがとうございます。
      いえいえ、誰しも初めの時はドキドキで不安いっぱいですから、少しずつ慣れていけばいいんです。沢は回数重ねればどんどんスムーズに動けるようになってきますから、一般登山に夏は沢をプラスアルファで今後も楽しまれて下さいネ!来月の沢も超絶綺麗ですのでおっ楽しみに〜☆

      動画編集も終わりました。結構カッコヨク仕上がったような気がします。
      自分で作業しているので客観性に欠けますけれど。

      ではでは、またお会いできますのを楽しみにしていま〜す!

  2. Nemoto より:

    みなさん、楽しい時間をありがとうございました。
    adachiさんのおかげで、開催されたとのことで本当にありがとうございました。
    動画見させていただきました。自分、動きがぎこちないですね。平静を装っていたつもりでしたが、初めてづくしで内心ビビッていたのがばればれです(笑)。
    見た目はたいしたことない滝かもと思ってもなめたら駄目だということ、ちょっとした水流でも以外に圧が強いこと、そんなに登っていないと思ったのに気温?体感温度?にけっこうな差があることなどなど、勉強になりました。
    次月も、お世話になりますので、またよろしくお願いします。

    • 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

      Nemotoさん、こちらこそ先日はありがとうございました。
      平日でも安定の開催が早くから決まっているといいのですが、
      予定が立てにくい状況でご迷惑をおかけいたしました。
      告知関係も頑張ります!

      さてさて、いやいやですよ。実に的確な動きをされてるじゃないですか。
      とても初めてとは思えないスムーズさ。
      やはり本気で登山されているのが生きていますね。
      木曽駒ヶ岳をロープウェイを利用せずに下から登る!というところに美学を感じずにはいられませんでした。うん、着眼点もさすがです。

      こちらこそ来月にまた沢でご一緒できますのを楽しみにしています。
      ではでは〜〜☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>