煩悩を滅するのだ!「根本山、修験の道」

DSC06311

月に2回のチームセブンヒルズ企画。
2013年最後の山行は根本山!桐生の山奥にある信仰の山。
個人的にはスッゲー良い山だ!と思うのだけど300名山にも選ばれず。
何事もだけど個人の主観の方が大事です。
スタートしてすぐに何かの淵で記念撮影。

DSC06313

沢沿いのロードをまずは緩やかに登っていくのだけど、
それが何kmだか詳細には把握していないんですよね。
ロード走る、沢沿いの登山道、鎖登る、尾根道を忠実に辿っていく、
という概念しか基本的に頭にインプットしていないものだから、
確か結構走ったよな〜。という記憶をもとに走ってたら、やはりかなり走った。
10km弱ぐらい緩やかな登りのロードを走ったよ。
普通ならこれでお腹いっぱいになりそうだけど、
私達レベルになるとウォーミングアップ完了!という感じ。だと思う。

DSC06315

さぁ、いよいよ本番スタート!
いきなり急斜面を登っていきます。

DSC06318

時々、沢をぴょーんと渡りながら上流へ進んで行きます。

DSC06319

沢沿いの登山道って斜面につけられている箇所も多く、
片側切れ落ちているので高所恐怖症の方はぞわ〜っとするかも。

DSC06323

結構はげしめな登山道なのですが(危ないってこと)、
桐生的には「ハイキングコース」って言い張ってしまってます。
私はそんな桐生が大好きだーーーーっ!

DSC06325

橋は朽ちているしね。

DSC06329

急斜面のトラバースはトラロープを頼りに進むしね。

DSC06341

上流に行くと雪が積もってるしね。

DSC06350

梯子の脇は凍ってるしね。
そんな桐生が大好きだーーーーっ!

DSC06355

おほうっ、氷の芸術。冬やね〜。

DSC06358

私達は2013年の汚れを落とすべく根本山の修験道を辿っているのだ。
いよいよ核心部の鎖場に到着。恐ろしいことに積雪し滑りたい放題だ。
さすがに死んじゃいけないのでチェーンスパイク装着でクライムスタート。
きっとこの登りを終えると煩悩を滅することができるのだっ!
清らかな心で新年を迎えることができるのだっ!

DSC06363

鎖場はもちろん危ないのだけど、鎖を掴んでりゃ何とかなる。
問題は鎖と鎖の間のなんにもない区間なんですよ。
雪が凍結気味でスリッピーなのだけど、
私達は下でチェーンスパイクを装着したので実は余裕だったりします。

DSC06364

背後は崖、左側も崖と危ないヤセ尾根登りでした〜。
修行終了。これできっと煩悩を滅することが出来たハズ!

DSC06367

こっから先は滑落する危険の少ないスノートレラン区間だ〜い!

DSC06370

とりあえず根本山。みんな頑張ったよ〜。

DSC06389

走ることを考慮しチェーンスパイクを外して軽量化。
ガンガン積雪のトレイルを突き進むことに。

DSC06391

ぐふ〜っ、気持ちよか〜♪

DSC06417

熊鷹山だよ〜ん。

スノートレランの模様を動画でいち早くお届け。
産地直送〜♪

DSC06429

振り返るとガッツリと雪山をエンジョイしたな〜。

DSC06435

メリクリ風記念撮影@丸岩岳

DSC06440

カーブミラーで記念撮影。年末ですから記念撮影祭り!

DSC06448

標高下がると雪も少なくなってきてのジャーンプ!

DSC06457

激渋ピークの野峰。

DSC06463

こっから先は一気に下界までの下り。
長い、ターン、ふかふか、などゴキゲンな条件揃い踏みのトレイル。
最高だよ〜ん、だよ〜ん、だよよよ〜ん。(というぐらい楽しい)

DSC06464

下界に下りたコンビニで早速おつかれ会でカンパ〜イ!
それで温泉入浴して打ち上げへ。

DSC06467

チームセブンヒルズ企画にお越しになる方は百戦錬磨のグルメさんが多い。
東京である程度のお店に行き慣れている方が多いので、
たまには昭和レトロを満喫しましょうということで〜、
桐生が誇る立田野食堂さんへ。老夫婦で切り盛りして頑張っています。
人情、桐生の地元の方々との触れ合い、などを感じる打ち上げでした。

DSC06465

2013年の煩悩を滅するハズの根本山ですが、
お酒が入ったら異常なほどに盛り上がり煩悩まみれになったというオチでした。
でもいいよね、人間だもの。そしてチーム7打ち上げ史上最高の盛り上がりでしたもの。
また来年も楽しい山行をご一緒いたしましょう。
お疲れさまでございました〜。ブイッ!!!


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: チームセブンヒルズ   パーマリンク

煩悩を滅するのだ!「根本山、修験の道」 への4件のコメント

  1. Ariga より:

    今年はセフンヒルズのツアーでまったく悪天候にならず本当に幸せな一年でした。
    ありがとうございました。
    それにしても昨日は何だったんでしょう。とんでもない一年の締めくくりになりました。楽しかったけど。

    • 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

      Arigaさん、あけましておめでとうございます。
      ロード、沢沿い、鎖場、雪山、一気のダウンヒルと、
      年末にふさわしくトレランを満喫した昼でしたが、
      夜の部のインパクトが強過ぎちゃって印象薄いんですよね〜。

      強烈な一日をありがとうございました。凄かったっすぅ。
      本年もよろしくお願いいたします。

  2. ゆき より:

    あけましておめでとうございます。
    鎖場は怖かったですが、バラエティーに富んだ贅沢なコースでとても楽しかったです!(ロッククライミングのイベントにも参加してみたいと思いましたが、もう満席ですね。)
    第二部では貴重な社会勉強をさせて頂きました^_^;
    またよろしくお願いいたします。

    • 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

      ゆきさん、あけおめで〜す!
      忘年山行的要素が強かった根本山。
      2週間前からドカッと雪が降ったので、
      いや〜大変な展開になったなぁ〜と行く前は思ってたのですが、
      蓋を開けたら何やら愉快な展開で結果オーライです。

      本年もよろしくですぅ〜〜〜〜!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>