チーム7「走って岩登って展望抜群の乾徳山」

DSC09913
山梨県の乾徳山に登ってきました。快晴で山日和♪

DSC09918

登山口の近くでルート確認。

DSC09939

銀晶水、錦晶水と水場を通る登りのルート。乾徳山で一番歩かれる登山道ですね。天然水を補給。

DSC09946

役小角は修験道の開祖。

DSC09948

稜線に出ると富士山!

DSC09955

そして南アルプスもバッチリでした。

DSC09970

とりあえず月見岩。

DSC09973

さぁ山頂へ!

DSC09980

山頂直下は岩場です。この岩場があるから乾徳山は人気なんですよね。

DSC09987

髭剃岩の狭〜い隙間を登ります。

DSC00005

ハーネスも装着しヤル気モードに。本日のテーマは「鎖&梯子は禁止だよ〜ん」

DSC00015

危ない箇所はロープで確保しつつ、プチ岩登りを楽しみます。

DSC00016

真っ青な空!

DSC00031

この岩場を登れば山頂!ドラマチックな乾徳山。

DSC00061

ここも全員が鎖を使わずに完登。やったぜ!

DSC00069

岩場を満喫しながら乾徳山の山頂に到着。

DSC00083

下山は懸垂下降から。季節外れの平日は貸切で最高です。シーズンの週末なんて鎖場は渋滞でしょうしね。

DSC00091

胎内くぐり。

DSC00114

登りの時に髭剃岩を登らなかった方がチャレンジ!こちらも全員クリア。しっかし狭い。

DSC00119

基本はトレランなので走りましたよー。

DSC00146

下山は道満尾根をダダーーッと。

DSC00161

岩ゴロゴロ、落ち葉で滑りやすい箇所もありましたが、下山はやっぱり早い。

DSC00158

順調に高度を下げていきました。

DSC00165

ターンも多く、楽しい下山路でした。

DSC00189

下山後は笛吹の湯で温泉入浴。目をつけていた美味しそうなパン屋さん「パンテーブル」でお買い物。美味しかった〜!また立ち寄ろっと。

DSC00191

夕食は軌道修正して甲府駅前のとんかつ力さんへ。鳥もつ煮は美味!

DSC00194

そして流石のとんかつ。ご馳走様でした〜!ご参加の皆様、トレラン&岩登りお疲れ様でした&ありがとうございました。また遠方企画でご一緒できますのを楽しみにしています。何事もヤル気の問題ですよ〜。

本日の動画まとめ!
注:動画は1080pでアップロードしています。再生時に画面右下の設定ボタンをクリックして1080pに変更すると高画質で視聴することができます。


池ヶ谷 誠

池ヶ谷 誠 の紹介

セブンヒルズアドベンチャー代表。東京近郊でアウトドアツアーを企画運営。MTB・トレイルランニング・シャワークライミングなどマルチにガイディングしています。
カテゴリー: チームセブンヒルズ   パーマリンク

チーム7「走って岩登って展望抜群の乾徳山」 への2件のコメント

  1. 870 より:

    こんにちは!!ヤル気870です!!
    梯子抜き!!鎖抜き!!ビール抜き!!コンビニ抜き!!肉抜き!!ヤル気!!
    一昨日はヤル気を有難うございました!!お陰様で晴天に恵まれ楽しい岩登りにトレイルでした!!先頭バッターのプレッシャー感じつつヤル気で攀じ登りました。(笑)
    岩登り!!楽しかったですね〜!!髭剃る前に脛剃ましたが。。。。。!!(笑)
    この経験は活かせませんが!!ヤル気にかえていきたいと思います!!

    次回もヤル気注入よろしくお願いします!!

    • 池ヶ谷 誠 池ヶ谷 誠 より:

      870さん、ヤル気でてますかーっ!
      一昨日はありがとうございました。

      缶コーヒー抜き、カットサラダ抜き、ヤル気!
      結局、ヤル気の問題だったんだ〜。

      岩登りは突破口を開いていただきありがとうございました!
      トップバッターが初球をポップフライだと後続のヤル気も下がりますので、スムーズな登りに感謝です。

      しっかし狭かったっすね〜。あれだけ狭いと確かに突っ張りにくい。
      背の大きさに比例して難易度が上がるかもしれませんね。
      脛剃岩恐るべし〜!

      次回もヤル気MAX!で走りましょう〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>